ニチアサ報告書

ニチアサで放送している仮面ライダー・スーパー戦隊・プリキュアの感想と考察

刀剣乱舞の脚本に小林靖子!名作になりそうな予感!

実写映画 刀剣乱舞-ONLINE-の脚本に小林靖子

f:id:magaorochi:20180307233218j:plain

ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が2019年に実写映画化されることが決定しました。
東宝映像事業部の配給となる同作は、監督に「暗黒女子」の耶雲哉治さん、脚本は「未来戦隊タイムレンジャー」など数多くのスーパー戦隊シリーズや「仮面ライダー電王」「仮面ライダーアマゾンズ」の脚本などでも知られる小林靖子さんを起用しています。

 

 

刀剣乱舞の脚本靖子にゃん

オンラインゲーム刀剣乱舞のメインライターに小林靖子氏が起用。

刀剣乱舞は名刀を擬人化したゲーム。男版艦これみたいなゲームと言うイメージ。そんなゲームが実写版映画として制作された。今回の記事では注目するのは刀剣の方ではなくメインライターについて。

刀剣で脚本担当の小林靖子氏、通称・靖子にゃん。

ニチアサでは有名中の有名な人物。自分は目にしたことは無いが、この人の作品にハマりすぎた小林信者と言う存在がいるとかいないとか。

f:id:magaorochi:20180309223253j:plain

作品が破綻しない小林作品

この人の作品の特徴と言えば、1年放送でありがちなストーリーの破綻が少ない。

というかほぼない。普通ならばどこかで展開が駆け足気味になったりどこか説明不足だったり、酷い時には伏線ぶん投げなどよく見る光景であるが、小林脚本ではそれらが見受ける事はない。

しかもどの作品も面白い。そしてただ面白いだけではなく主人公が死亡したり追加戦士が死亡するな何年経っても消えないトラウマ要素も与えてくれる。流石靖子にゃん、キッズに何年経っても消えない傷をくれてくれる。

個人的に考える小林靖子の凄いと思う所

そんな小林靖子氏の個人的に考える凄いと思う所はトラブル対応力。

一番感心したのは電王放送時にヒロインの降板した時。本来のヒロインであるハナがトラブルで放送中に降板しコハナに変わる事があった。普通だったらこういう事態の説明は本編で大人の事情と言わんばかりにさらりと終わらす。

が、小林靖子はコハナになった理由を分岐点が近くなったためと言う説明から始まり、未来を守るため時間に隠された設定として本編では理由付けされていた。どれもこれも全て後付け設定なのだが当初から予定されていたように思わせてくれる。

メインキャストに鈴木拡樹、岩永洋昭

さて、ここらで作品自体にも目を向けてる。刀剣乱舞には仮面ライダー出演者が2名出演。

一人は鈴木拡樹。出演作は仮面ライダーディケイドの第8話。

配役は剣崎一真ならぬ剣立カズマ。ディケイドでの一話限定のライダーであるため残念ながらこれと言った思い入れも特にない。一応カズマは8話の主役であるが、終盤でまさかの本物の剣崎が登場したからカズマの存在が激しく霞んだんだもんな…。

f:id:magaorochi:20180309224330j:plain

もう一人の俳優、岩永洋昭仮面ライダーオーズの2号ライダーのバースである伊達さん。オーズ本編で死と隣り合わせの状態でヤミーと戦っていたと判明した時は驚いた。靖子にゃん脚本なので凄く死にそうなキャラだったけど無事に生還してくれた。

今作の刀剣では凄く死にそうな目に合いそうなキャラなりそうだけど…大丈夫かな?

f:id:magaorochi:20180309224342j:plain

まとめ

実写版刀剣乱舞の脚本に靖子にゃんが担当。ニチアサキッズにトラウマと面白さを与えてくれた。靖子にゃん脚本は限られた登場人物で展開する。今回は映画と言う事で靖子にゃん脚本がとても輝きそうである。

また仮面ライダー俳優も2人出演。多分死なないと思うけど靖子にゃんだからあんまり期待しない方が心身的に健全かもしれない…。

f:id:magaorochi:20180309224425j:plain