ニチアサ報告書

ニチアサで放送している仮面ライダー・スーパー戦隊・プリキュアの感想と考察

ルパレンvsパトレン5話「ついに始まる2大レッド対決!勝つのはどっちだ?」

怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー第5話「狙われた国際警察」

f:id:magaorochi:20180311202720j:plain

「緊急事態だ、パトレンジャーの出動を頼む!」
ジムの元に、ヒルトップから連絡が入った。なんと、新たなVSビークルを極秘で運んでいた彼の車が襲われたのだ!すぐさま現場に駆けつける圭一郎たち。そこでは、ギャングラ―と快盗によるコレクションを巡る闘いが繰り広げられていた!
新たなルパンコレクションを巡る激しい争奪戦がはじまる!そして、ついにデストラが戦場に現れる――。

 

 

ルパンコレクションを巡って

5話は二人のレッドが対決。

魁利と圭一郎との想いと想いが激突!と思ったら1話からの繰り返しのような感じであった。期待していた圭一郎の想いも国際警察の規則に則ったセリフを言う程度だったのでちょっと自分の期待とは違った形だった。

また今回で新ビークルが登場。初登場時では単体ギミックの紹介。サイクロンはともかくバイカーの方は玩具になったときちょっとしょっぱい感じになりそうな気がする。

f:id:magaorochi:20180311202623j:plain

奪われるvsビークル

ヒルトップは新しいvsビークルを輸送中にギャングラーに襲撃される。1話に続いてvsビークルをどこからか持ってくるヒルトップって本当に何者だよ?一応vsビークルは本部から持ってきてるようだが、そんな本部って一体?

f:id:magaorochi:20180312223255j:plain

f:id:magaorochi:20180312223307j:plain

ヒルトップの緊急連絡で駆け付けるパトレンジャー。

トランスフォーマーばりのワープ異動で現場に駆け付けるも結局これと言った成果も出せずに終わる。1話よりルパレンのストーリーは掘り下げたり戦闘で見せ場があるのにパトレンはどうもパッとしない。

f:id:magaorochi:20180312223402j:plain

f:id:magaorochi:20180312223432j:plain

f:id:magaorochi:20180312223445j:plain

ルパレンに対してパトレンは今だストーリーが無いから今回の肩透かしの原因になったと考える。パトレンサイド、特に圭一郎のストーリーは予告を見る限り来週と思われるが個人的にはもう少し早くても良かったと思う。

f:id:magaorochi:20180312223512j:plain

サイクロンダイヤルファイター&トリガーマシンバイカー

そんな新vsビークルのお披露目として2大マシンが町中を爆走。

バイカーのカラーが仮面ライダーマッハを彷彿させる。二人のレッドはお互いのギミックを駆使した戦闘シーンが面白い。特にバイカーの前輪がアンカーとして発射される機能は驚いた。玩具もあれくらい伸びたら面白いだろうけど。

f:id:magaorochi:20180312223636j:plain

f:id:magaorochi:20180312223640j:plain

f:id:magaorochi:20180312223708j:plain

2人のレッド

ルパンレッドとパトレン1号は激突する。

もう少しお互いの意見をぶつけるかと思ったら1話から主張していた内容を繰り返している感じだった。個人的にもう少し突っ込んだ内容になると思ってたのにちょっと残念。やっぱり圭一郎サイドのストーリーがまだないからこの程度になったんだろうな。

予告を見る限り圭一郎主役回は次回になるだろうから次こそはもっと盛り上がったレッド対決をしてくれるかもしれない。

f:id:magaorochi:20180312223856j:plain

f:id:magaorochi:20180312223906j:plain

ジーッとしてても?

二人のレッドを戦わせる原因となったブンドルドは人間体から登場。

どこぞの銀河マーケットでも経営してそうな人物である。役者繋がりでどこぞの銀色の巨人が言いそうなセリフを言っていた。ルパパト前日に劇場版が上映したばっかりのうえ制作会社違うのにかなりギリギリを攻めていたな。

流石に最後までのセリフは言わせねえよと言わんばかりに別のセリフだったが。

f:id:magaorochi:20180312224012j:plain

f:id:magaorochi:20180312224016j:plain

逃げるブンドルドと大幹部デストラ

ブンドルドはデストラが2大戦隊を襲う。

5話にして幹部デストラと戦う。やはり結成したばかりのチームでは幹部クラスとなると手も足もでなかった。ルパレンはそれでもギンガマンと同じとは言わないがそれなりに対抗できそうに思ったが無理だったか。

f:id:magaorochi:20180312224154j:plain

f:id:magaorochi:20180312224200j:plain

デストラは戦隊を叩きのめすかと思ったらルパンコレクションの回収を優先。作品上打倒戦隊ではなくコレクション回収がメイン。一見筋肉バカに見えたが判断する頭があるのね。

f:id:magaorochi:20180312224443j:plain

まとめと次回予告

今回のまとめと次回予告は以下の通り。

5話まとめ

5話ではレッド対決と幹部ツエー回。

レッド対決は魁利の方は順次語られているのに対し圭一郎の方はほぼ皆無。なのでこれと言った突っ込んだ会話もなくこれまでと同じようなやり取りの繰り返しになっていた。やはりお互いのストーリーが描かれてない状態だとこの程度なんだろうな。

f:id:magaorochi:20180312224544j:plain

そしてデストラ初登場。初登場補正もあって2大戦隊を追い詰める姿は敵ながら格好良かった。また一般怪人のブンドルドは元ギンガマーケット店主。制作会社違うのによくあんなに攻めたものだ。

f:id:magaorochi:20180312224701j:plain

次回は圭一郎が目覚める?

次回はついに圭一郎が主役回。

圭一郎は順当なエリートルートを通っているので他のメンツと違って弱点もないからストーリーがないんだよな。今回で初めて圭一郎の心情の変化を描いていている。予告まで見ると分かることだが今回のストーリーは次回のストーリーをするためにしている事が分かる。

なんともめんどくさいキャラである。

f:id:magaorochi:20180312224732j:plain

f:id:magaorochi:20180312224749j:plain

f:id:magaorochi:20180312224757j:plain

f:id:magaorochi:20180312224753j:plain