ニチアサ報告書

ニチアサで放送している仮面ライダー・スーパー戦隊・プリキュアの感想と考察

ルパレンVSパトレン29話感想「これまでの回想編!パトレンとルパレンの活躍を振り返る!」

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第29話「写真は記憶」

f:id:magaorochi:20180901142651j:plain

ゴーシュが率いるポーダマンたちと遭遇する圭一郎たち。

直ちに実力を行使するが、頭部に金庫のついた改造ポーダマンによって、圭一郎は記憶を写真にされてしまう。どうやらゴーシュの実験らしいが…圭一郎が記憶を失ったことを魁利たちに伝えるノエル。

どうやらコレクションの力が完全に発動されておらず、うまくすれば記憶を取り戻せる。そのためには「快盗」の力が必要だと…

 

 

 

 

ルパレンVSパトレン第29話感想

ルパレンVSパトレン第29話「写真は記憶」の感想。

主役は圭一郎。ルパンコレクションの力で記憶を失った圭一郎が記憶を取り戻す。今回のストーリーを振り返る回想編。ルパンレンジャーとパトレンジャーの活躍を振り返り。

メインストーリーを圭一郎にする事で警察と怪盗の活躍を同時に回想できる。これが魁利だったら怪盗オンリーになってたかもしれない。

また、回想編と言う事でメインギャングラーはナシ。それに伴い巨大戦もお休み。玩具促進が激しいこの頃、珍しい。

ロボがいるのにやらないのはゴーグルファイブを思い出させる。

 

記憶喪失の圭一郎

ギャングラーの力で圭一郎の記憶が失われた。

長期放送になるスーパー戦隊ではおなじみの回想編。今作は記憶が失われた圭一郎の写真で過去を振り返る。回想では主にルパンレンジャーとパトレンジャーの活躍を中心に回想された。

これを見ると怪盗がギャングラーの寝首を搔こうとしているか、警察がギャングラー殲滅に命がけがよく分かる回だと感じた。

 

ばら撒かれた写真

圭一郎の記憶が写真となってばら撒かれた。ばら撒かれた写真には圭一郎視点での映像が写っている。写真の内容は全て怪盗と警察の日々。

これを見る限り圭一郎の行動範囲がほぼ国際警察周りに限られている事が分かる。

圭一郎が仕事熱心だと言う事が分かる。そして、私生活がかなり寂しいと言う事も分かる。浮いた話が無いのもよく分かる。

 

警察と怪盗の激闘

圭一郎の写真で警察と怪盗の激闘を振り返る。

回想で使われた映像は第1話から最新話までのストーリーが使われた。メインストーリーでは圭一郎が主役なので主に国際警察を主軸に回想された。これを見るといかに警察が怪盗にしてやられた事がよく分かる。

更に黒歴史部分もしっかり記憶。視聴者的には面白いけど、やっぱり本人達としては闇に葬りたい様子。黒歴史は忘れておk。

更に怪盗サイドも回想。

こちらは警察ほどの尺がとられてなかったのでルパンレンジャーの成り立ちとザミーゴのみで回想された。ルパンレンジャーはこれまでも隙あらば回想していたのでこんなものか。

 

怪盗に不人気圭ちゃん

そんな圭一郎は魁利達には不人気だった。

これまでの活躍をで何度もコレクションを破壊されそうになったのだから当然と言えば当然か。それにしてもここまで厄介者にされなく友とも思う。しかし、逆になあなあだったら対立する関係に出来ないんだよなあ…。

それでも最終的には圭一郎を手助けする。いつものツンデレと思えばそうだが、どういう風の吹き回し?と言うくらい言動と行動があってない。流石に、もう少し説明あっても良かったと感じた。

 

ロボ戦はお休み

そんな、回想編なのでロボ戦も回想で済まされた。

最近のスーパー戦隊は回想だろうがなんだろうがロボ戦はあったが、今回はお休み。何とも珍しい。お得意のゴーラムもないのね。ロボがいるのにロボ戦をしないのはゴーグルファイブでもあった。あれは怪人スーツの都合で無かったと言う理由だったか?

巨大戦での回想ではグッティが担当。女装したキャラがグッティ。圭一郎と違ってマスコットキャラなのに、これ程似合ってないのは驚く。

 

今週の改造ポーダマン

第29話で登場したギャングラーは改造ポーダマン。

ほぼ、いつものポーダマン。戦闘員がメイン怪人となるのはメガレンを彷彿させる。あの時は別格のクネクネがいた。今作は改造強化されたものが登場。強さはいつも通りで下手したら瞬殺されるレベル。

あくまで実験がメインだとしても、大事なコレクションを持たせているのにあの強さはイカンでしょ…。

 

実験されたポータマン

ポーダマンでも改造された個体。

いつぞやのジム・カーターのように頭部が金庫となり、片腕が巨大。ゴーシュの実験として運用された。基本的にコレクションを使った実験をする為に活躍。

戦闘能力にはあまり手を入れてないのかいつものギャングラーと比べるとかなり最弱な部類。下手したら瞬殺。

コレクションを持たせてるのだから多少は手を入れてもいいと思うのだが…。

巨大な腕は記憶をコレクションを発動させる。見た目に反して圭ちゃんへのタッチがソフトタッチだったのは面白かった。もっと力強くつかむと思ってたのに無茶苦茶やさしいな。

 

今週のルパンコレクション

改造ポーダマンが所持していたルパンコレクションは特命戦隊ゴーバスターのソウガンブレード。2度目のコレクション。

 

ルパレンVSパトレン第29話まとめ

ルパレンVSパトレン第29話のまとめ。

回想編としてルパンレンジャーとパトレンジャーの活躍を振り返る。主役を圭一郎とする事でパトレンがルパレンにしてやられた日々がよく分かる。ルパレン側で見るとパトレンがいかに厄介者と思っているのかが良く分かった。

残念なことにギャングラーの回想がギャングラーによるものだった。作品の都合上とは分かっていても誰かザミーゴ以外にも思い出して欲しかったぞ。

記憶は写真として表現。これまで圭ちゃんが見てきた風景が描かれた。

思い出された期間は朔也が思い出せない所から思うに初代2号がいた辺りからと推測される。でも、記憶がそれ以降のものもあるので、ちょっとガバガバストーリーな印象も受けた。

それら写真は記憶を取り戻すと全て圭一郎に集結。探す必要がなかったのかよ。せっせと集めていたのが若干バカらしくなった。せめて全て集まったら消滅するとかだったら良かったのに。

 

再来週は魁利と圭一郎が二人旅。

 

これまでの感想

翌週の感想。30話。魁利と圭一郎が大バトル。

f:id:magaorochi:20180902221537j:plain

先週の感想。28話。初美花パパが暴走。

f:id:magaorochi:20180901142325j:plain