ニチアサ報告書

ニチアサで放送している仮面ライダー・スーパー戦隊・プリキュアの感想と考察

仮面ライダージオウ8話感想「ウィザードアーマーへ変身!ビーストとの特訓開始!」

仮面ライダージオウ EP08「ビューティ&ビースト2012」

f:id:magaorochi:20181023000315j:plain

早瀬の変身した“アナザーウィザード”の攻撃によってツクヨミが、昏睡状態に陥ってしまった。当初から早瀬を警戒していたゲイツは、ソウゴの甘さが招いた事態だとソウゴを責め、独力でツクヨミを救おうと動き出す。

そんなゲイツの前に、仁藤攻介の姿が…。一方、ソウゴはウォズの知恵を借りて、事態を打開しようとする。

 

 

 

 

仮面ライダージオウ第8話感想

仮面ライダージオウ第8話「ビューティ&ビースト2012」の感想。

第7話のウィザード編の完結編。第8話ではソウゴが魔王となる人物となるか見極められる。ソウゴは1話から魔王と呼ばれるが、8話でついに王の片鱗が現れる。これまで言う事聞く気の無かったゲイツがついに言う事聞き始めた。本人から言わせれば不可抗力らしい。

そして、仁藤とゲイツの対決。

2号ライダー同士。勝負の結果、ゲイツの見込みアリらしい。ジオウだったらそのまま手渡されていたがウォッチ。ゲイツの場合は差別化なのか手渡しイベントは難易度が少々高いね。f:id:magaorochi:20181023000028j:plain

 

ソウゴは王の器を持った男?

ソウゴは本当に魔王となれる男なのか?

第8話ではそれが焦点となる。これまでソウゴは魔王と言われていたが、魔王らしい事を一つもしていなかったね。

今回はゲイツとウォズを目的達成のために手足のように使う。

しかし、命令と言う形ではなくあくまでお願いと言う形で。しかし、逆らえないような形で言うので実にいやらしい。

 

使いっ走りのウォズ

ソウゴは事件解決のためにウォズを使い倒す。

ウォズはソウゴの味方として描写されていたが、僕とは一言も言ってなかったと思うが…。本人も結構便利キャラとして扱われているのは宜しくないらしい。ウォズはお得意の歴史書がこんな形で使われるなんて…。

全ライダーの歴史を語る本が星の本棚みたいな扱いになったなあ。

ウォズがいると事件解決編が世界一、面白くなくなるのでこういうやり方は今後しない。…と思いたい。f:id:magaorochi:20181023000234j:plain

 

なんか言う事聞くゲイツ

更にゲイツもソウゴの言う事に従う。

本人曰く、うっかりいう事聞いたらしい。2号ライダーお得意のツンデレとキャラブレとネタキャラ化によるものだろう。今の時点ではイヤイヤ言う事聞いている。

しかし、以降の展開で何でも言う事聞くゲイツ君になるのも時間の問題だろうな。

 

ビーストとの対決

そんなゲイツは仮面ライダーウィザードと対決。

記憶が戻った事で仁藤が大変身。変身アングルはオリジナルと同じアングルで変身。久しぶりの変身で永瀬氏が指をベルトに謝って当ててないか心配。f:id:magaorochi:20181023000056j:plain

 

継承されるウィザードライドウォッチ

ビーストはゲイツにライドウォッチを渡す必要があるか試験。

ウィザード放送から3年も経つとビーストは先輩風を吹かすようになるのか。ついでに言うとジオウ始まっての初めての特訓みたいな展開が描写されたことになる。

結果的に、ゲイツはウィザードライドウォッチを入手。

何故、ビーストライドウォッチは継承されなかったのはバンダイの都合ってヤツなんだ…。本格的に発売する予定の無いアイテムはこういう扱いになるのね。

 

回想シーンでは第18話が使用

回想シーンで使われたのは本編第18話。

ビーストに変身する仁藤がどういうキャラなのか描写された回。また、初めてウィザードとダブル変身する回。お先にどうぞ。f:id:magaorochi:20181023000108j:plain

 

今週のアナザーライダー

今週のアナザーライダーはアナザーウィザード。

現代ではジオウと、過去ではゲイツと対決。今回の見所はゲイツ・ウィザードアーマーとの対決。過去編との闘いで景色が薄暗くしたのはアンダーワールドのイメージか?

 

アナザーウィザード

アナザーウィザードの最期の戦い。

変身者である早瀬の想いを届けるために過去と現在を繋げる展開は面白かった。二人の早瀬を繋いで未来を変える。電王では過去の干渉とされるため出来なかったやり方である。

ちょっとオレオレ詐欺みたいだったけど気にしない。

 

ゲイツ・ウィザードアーマー

ゲイツはウィザードアーマーへフォームチェンジ。

ウォズの語りはジオウ限定なのか。フレイムドラゴンのような赤いローブを纏う姿はなかなかカッコイイ。詳しい事は以下のリンクで記述。f:id:magaorochi:20181023000140j:plain

 

次回は壇黒斗王の世界

ウィザードの世界の次は壇黒斗王の世界へ登場。

しれっと神からスケールダウンしているのは気にしない。ウィザード編の感動を高笑い一つでかっさらっていく姿は相変わらず。魔王よりも魔王らしい。とてもエグゼイドで世界平和まで導いた人物とは信じがたいぞ…。f:id:magaorochi:20181023001603j:plain

 

仮面ライダージオウ第8話まとめ

仮面ライダージオウ第8話のまとめ。

ウィザード編の完結。ソウゴが魔王かどうか見極められた今回。これまで語り部の印象が強かったウォズが初めて本編の中心に呼ばれた。

ウォズは唯一の味方なのでソウゴの言う事をホイホイ聞いてくれるいい奴だった。

あまりに協力しすぎるとウォズの目指す魔王じゃなくなるのか渋々っぽいけど…。物語的にも攻略本みたいな便利くんにされても困るがな…。

ゲイツはウィザードライドウォッチを巡りビーストと対決。

仁藤はあの変身ポーズを披露。あの瞬間だけ仮面ライダーウィザードだった。変身後はゲイツと対決。流石に初期フォームに対して強化形態にはならなかった。ついでにダイスサーベルやビーストマントも未使用。

よく考えたらゲイツに対してめちゃくちゃ手加減してないか?

ゲイツはウィザードアーマーへ変身。

アーマータイムへの語りはジオウ限定らしい。ウォズとゲイツは因縁あるようなのでやりたくないといった所か。ウィザードアーマーではインフィニティを連想させる必殺技を披露。まさにオーノー!である。f:id:magaorochi:20181023000215j:plain

次回、壇黒斗がオーズの世界。f:id:magaorochi:20181023000512j:plainf:id:magaorochi:20181023000519j:plainf:id:magaorochi:20181023000522j:plainf:id:magaorochi:20181023000526j:plainf:id:magaorochi:20181023000530j:plainf:id:magaorochi:20181023000551j:plain 

これまでの感想

第7話の感想。ひねくれた男のマジックショー。f:id:magaorochi:20181022235058j:plain