ニチアサ報告書

ニチアサで放送している仮面ライダー・スーパー戦隊・プリキュアの感想と考察

仮面ライダージオウ1話感想「世界を滅ぼす魔王の物語!ソウゴの目指す王様とは?」(画像追加)

仮面ライダージオウ EP01「キングダム2068」

f:id:magaorochi:20180902151641j:plain

常磐ソウゴは、ごく普通の高校三年生。少し変わっているのは、夢が「王様になる!」であること。そんなある日、いきなり現れた不思議な青年が予言のようにこう告げた。
「おめでとう。今日は君にとって特別な一日」 
そして、青年の言葉どおり、ソウゴは巨大な赤いロボットに襲われる。そのロボットはなんとタイムマシーンで、ソウゴは様々な時代に飛ばされて――。2000年、平成ライダーと同じ年生まれの運命の少年、ソウゴの戦いが今、始まる―――!

 

 

 

 

仮面ライダージオウ第1話感想

仮面ライダージオウ第1話「キングダム2068」の感想。

平成ライダーシリーズ20周年作品として本日から放送開始。今作の主人公、常盤ソウゴは自分が将来、王になると分かっている人物。ただし、王になるか魔王になるかはこの時点では分からないのが面白い。

そして、敵対するタイムジャッカー。

敵であるソウゴに対して協力的。これも全て自分達の計画の一部だとしても変身ベルトを恭しく献上するなんて同じ周年記念であるディケイドと比べたらかなり扱いがいい。

f:id:magaorochi:20180902151741j:plain

 

世界を滅ぼす王の物語

仮面ライダージオウは未来で魔王になる仮面ライダーの物語。

主人公が悪の存在になると示唆する仮面ライダーは漫画版ブラックを彷彿させる。1話冒頭では魔王となったジオウが民衆を薙ぎ払う姿が描写された。ディケイドの時は全ライダーだったので若干見劣りするかな?

後ろに鎮座する銅像が気になる。まさか自分一人で作ってないよな?

f:id:magaorochi:20180903224223j:plain

王を目指す常盤ソウゴ

ジオウに変身するのは常盤ソウゴ。

石ノ森章太郎が住んでいたトキワ壮が名前の由来と思われる。ソウゴは自分が王を目指すと豪語する高校生。どう見てもイタい高校生である。そんな高校生いてたまるか。

しかも、王になるから進学もしないと言う訳わかめ。あの大文字先輩ですら帝王学を習っているのに…。

1話なのでキャラ付けが非常に大事と分かる。しかし、これは良くない方向に進んでいる気がしてならない。来週位には少しまともになるかな?

f:id:magaorochi:20180903224353j:plain

オーマジオウとなる男?

ソウゴはオーマジオウになる運命をもった人物。

オーマジオウは世界を支配する。1話冒頭のアレ。マスクにびっちりと刻まれた王の文字の主張が激しい。ソウゴと同一人物と言われていたが、声の担当が声優で一人称も私。

思いっきり別人が変身している気がしてならない。

f:id:magaorochi:20180903224458j:plainf:id:magaorochi:20180903224501j:plainf:id:magaorochi:20180903224508j:plain

謎の女ツクヨミ

それを示唆するのは謎の女ツクヨミ。

前作がネットアイドルで今度は未来人。東映ヒロインは普通じゃないけど、やっぱり普通じゃない女だった。ソウゴをタイムマジーンで連れまわし、謎の変声を披露。後々ネタキャラになる事はあっても1話からネタまみれにならなくてもいいのに…。

f:id:magaorochi:20180903224614j:plain

そんなツクヨミの服装は美空がカラフルだったのに対し、ツクヨミは白一色。

こんなに単色で攻めるのにはどんな意味があるんだ?同じ未来人であるハナさんでももう少しカラフルだったぞ。今後、別の服装になるためにあえて差別化しやすいようにしたのかな?

f:id:magaorochi:20180903224704j:plain

2号ライダー、ゲイツ

1話なのに2号ライダーが早くも登場。

ジオウを追ってきたのはツクヨミだけではなかった。魔王が登場する前に倒そうとするゲイツ。1話ではタイムマジーンで追跡する描写のみで詳しい人物像は描かれなかった。詳しい描写は来週以降。

だけど、ゴーストアーマーへのフォームチェンジはする。商戦根性逞しい。

f:id:magaorochi:20180903224749j:plain

f:id:magaorochi:20180903224754j:plain

f:id:magaorochi:20180903224817j:plain

f:id:magaorochi:20180903224839j:plain

ゲイツ・ゴーストアーマー

ゲイツがアーマータイムしたゴーストアーマー。

まさか基本フォームを飛び越えてもうフォームチェンジするのか…。流石に読めなかった。ゴーストアーマーになると英雄たちを召喚できる。召喚されたのはムサシ、エジソン、ニュートン、ゴースト。序盤での英雄たち。

恐らく全15人召喚できそうだけど作品の都合上十中八九全部出ない。

f:id:magaorochi:20180903224900j:plainf:id:magaorochi:20180903224907j:plainf:id:magaorochi:20180903224915j:plainf:id:magaorochi:20180903224920j:plain

戦兎と万丈がゲスト出演

仮面ライダービルドの見所として過去のキャストがゲスト主演。

面白いのがディケイドのようにチョイ役ではなくかなり作品に絡んでいる所。今回、登場したのは戦兎と万丈。これでビルドロスの人達の心が癒される。作中では最終回の後日談ではなく本編中のどこか。エボルトがいそう。

f:id:magaorochi:20180903225004j:plainf:id:magaorochi:20180903225008j:plainf:id:magaorochi:20180903225011j:plainf:id:magaorochi:20180903225019j:plain

このままビルドとして活躍すると思ったがツクヨミによって倒される。ゲスト出演の活躍はこんなもんか。

f:id:magaorochi:20180903225127j:plainf:id:magaorochi:20180903225106j:plainf:id:magaorochi:20180903225114j:plain

タイムジャッカー

ジオウを魔王にしようと画策するタイムジャッカー。

今作の悪の組織。前作がエボルトという異星人だったが、今作は未来人で固められている。タイムジャッカーの目的はジオウに変わる新たな王を作る事。普通ならジオウを倒すべきの所をあえて仮面ライダーへの変身させる変わった組織。

f:id:magaorochi:20180903225208j:plainf:id:magaorochi:20180903225213j:plainf:id:magaorochi:20180903225216j:plain

今回、メインで活躍したのはウール。上手いこと言ってバスケ少年をアナザーライダーに変身させた。

f:id:magaorochi:20180903225308j:plainf:id:magaorochi:20180903225313j:plainf:id:magaorochi:20180903225320j:plainf:id:magaorochi:20180903225327j:plain

アナザービルド

自分の命を救った代償としてアナザーライダーへと変身した。

変身後には自我が無く暴走する。第1話の怪人は基本派手めに暴れるのだが、今回のアナザービルドは空手部員を襲うのみ。被害規模も暴れる場所も1話にしては地味すぎやないか?

f:id:magaorochi:20180903225431j:plainf:id:magaorochi:20180903225434j:plainf:id:magaorochi:20180903225437j:plainf:id:magaorochi:20180903225441j:plain

また、本編でビルドらしくテニスと空手のフルボトルを生成。

しかし、戦闘で使ったのはバスケ能力。精製したの後、テニスと空手はベストマッチじゃないと発言していたが本当に使えなかったのかよ…。

f:id:magaorochi:20180903225536j:plain

初めての変身

ソウゴはアナザーライダーと戦う為に変身する。

変身する際、バックに巨大な時計が回る大げさ描写が面白い。ベルトも回転するならば腕も回転させる。ベルト音声は小山力也が担当。特殊なヘルメット被って山登りしそうな声である。

f:id:magaorochi:20180903225616j:plainf:id:magaorochi:20180903225622j:plainf:id:magaorochi:20180903225627j:plainf:id:magaorochi:20180903225638j:plainf:id:magaorochi:20180903225650j:plainf:id:magaorochi:20180903225653j:plainf:id:magaorochi:20180903225659j:plainf:id:magaorochi:20180903225703j:plain

変身後はジクウギレードを使って応戦。

ライダーのマスク同様、武器の主張が激しい。最後はギリギリスラッシュでフィニッシュ。第1話なのにキック技ではないのはウィザードみたいである。切断されたアナザービルドは真っ二つ。

f:id:magaorochi:20180903225814j:plainf:id:magaorochi:20180903225849j:plainf:id:magaorochi:20180903225824j:plain

バスケ選手は元に戻る。けっこうな高さから落下したけど大丈夫なのかな?f:id:magaorochi:20180903225830j:plain

 

仮面ライダービルド第1話まとめ

仮面ライダージオウ第1話のまとめ。

ついついビルドと打ち込みたくなる。クセが抜けないね、こりゃ。ジオウは世界の魔王となる可能性のある仮面ライダー。

ゲイツとツクヨミはそれを阻止する為に過去へ時間移動。二人とも未来人と言う設定だが、ソウゴの人物像を描くためにあまり未来感が感じられなかった。

f:id:magaorochi:20180903225956j:plain

ジオウが敵対するのはタイムジャッカー。

前作のエボルトが凄すぎたせいで同じ位の規模のレベルを起こしてくれないかと内心期待してしまう。その配下となるアナザーライダー。ライダーと同様の能力を所持しているようでフルボトルを生成した。

前作のスマッシュがリカラーキャラ多めと後半息切れした感じがあったので今回のアナザーライダーには期待したい。

f:id:magaorochi:20180903230037j:plain

f:id:magaorochi:20180903230047j:plain

 

次回、ビルドと共闘。

f:id:magaorochi:20180902151447j:plainf:id:magaorochi:20180902151450j:plainf:id:magaorochi:20180902151457j:plainf:id:magaorochi:20180902151513j:plainf:id:magaorochi:20180902151518j:plain

 

これまでの感想

第2話の感想。ジオウ・ビルドアーマーにアーマータイム。f:id:magaorochi:20180909150404j:plain

仮面ライダービルド最終回。戦兎と万丈の最後の物語。f:id:magaorochi:20180902150715j:plain